【不動産投資】ワンルームマンション投資のマニュアル

ワンルームマンション投資することのデメリット

では、ワンルームマンションに投資することのデメリットは何でしょうか?

 

1、融資がつきにくい
  ほとんどの金融機関では中古区分所有マンションには
  担保価値がないと見なされるので、融資がつきにくいです。

 

 

2、管理組合の意見に逆らえない
  ようするに、何かするにしても、勝手にはできない
  ということです。
  内装のリフォームでしたら、問題がありませんが、
  外観に関すること大規模修繕とかは住人全員で決めることですし
  反対が多かった場合は、勝手にできないです。

 

3、永く所有しても何も残らない。
  建物の寿命まで所有した場合、取り壊しならびに
  立て替えの費用が発生します。

 

  ただ、これに関しては出口戦略として売却すれば
  いいので、最初から売却時期を計算しておけば
  問題ないと思います。

 

  以上がデメリットです。

 

 

不動産投資でもなんでも、メリット、デメリットはあります。

 

結局のところ、デメリットも含めて自分に向いているか、向いていないか、だと思います。

 

区分所有の不動産投資法バイブルと言えばこちらをどうぞ。

 

 

Copyright (C) 2011 〜ワンルームマンションの投資マニュアル〜